サレ妻

夫の不倫から再構築までの方法を記したエピソード~その2~

cianです。

読者の方から「続きはまだですか?」とおっしゃっていただいたので

書きますね。

いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事を見て

「少し心が軽くなった」

といってくださる方が1人でもいる限り

頑張って書いていきたいと思っています。

まだ~その1~を読んでいない方はリンク先を読んでくださいね

ではその後のお話です。

スポンサードリンク

完全に開き直った夫とかわいそうな私

さて、夫を責め続けた結果

私の身に何が起こったかをお伝えしたいと思います。

私は自分の気が晴れるまで、

自分でも驚くくらいひどい言葉で夫を責めました。

「夫として役に名立たないならせめてATMとして役に立ってよ」

「あなたと結婚したのが間違いだった。○○君(元カレ)のほうがよっぽどよかった」

「優しくもないのによく不倫できたね」

もちろんこれまでの結婚生活の中で

そんなことは言ったことがありません。

しかし、不倫発覚後からは

相手のプライドを傷つける言葉が

いとも簡単に私の口から流れ出してきました。

夫は、最初こそ

「ごめんな、つらい思いさせて」

「ほんと俺屑だと思う、もうしないから」

と謝っていましたが、それでも私の心は晴れませんでした。

そして、4,5日が経つ頃には

夫は開き直って

「俺が不倫したのはお前のせいでもある。

電気消せって言っても消し忘れたりするのがストレスだった」

「性格の不一致なのだから慰謝料は渡さない」

(不倫がわかった時にビンタしたことに対して)

「暴力をふるったから俺が慰謝料を請求する」

など、無茶苦茶な言い分で私を責めてくるようになったのです。

「こんなはずじゃなかった。

もっと必死で私にすがってほしかった。」

という本音は

言い出せませんでした。

正確に言うと、本当の自分の気持ちに気づいていませんでした。

スポンサードリンク

本当の自分の気持ちに気づいたことが好転のきっかけ

離婚してやる!と息巻いていたものの、

子供も生まれ、自分一人で子供を育てていく自信もなく

本気で離婚は考えていませんでした。

しかし、次第に夫が私から責められることに耐えられなくなり、

離婚が現実味を帯びてきたので内心焦っていました。

当初の自分のシナリオでは

夫は私の大切さに気付き、今後私に尽くして愛を与えてくれると思っていたのです。

しかし、夫の心は離れていくばかり。

そんな時、出会った本が

パム・グラウトさんの「こうして思考は現実になる」です。

信じたくありませんが、自分の身に起きていることは

自分で作り出しているという少しスピリチュアルなお話です。

そこで、自分の送り出している思考を分析してみました。

すぐに疑い検証する、

ここがリケジョのいいところ♪

さて、自分の気持ちを整理したらこうです。

表向きの気持ち

・私という妻がいながらほかの女に行くなんて許せない

・倫理上、社会から罰せられ反省すべき

しかし、隠れた私の心の内を皆さんにさらけ出すとしたらこうです。

・プライドを傷つけられて許せなかった

・相手のプライドもズタズタにしてやりたい

・もっと私にすがって。(私はあなたにとって必要な人間だと思いたい)

・私が子育てと仕事で忙しいときに、自分だけ楽しんでいたなんて「ずるい」

(私も楽しみたい)

・寂しい。(でもプライドが高くて言えない)

この本音を導き出すまで、本当に苦労しました。

(私はそんな人間じゃない)

(私は同類じゃない)

(あなたなんかいなくても私はみんなに愛されてるはず)

と心の葛藤がありました。

周囲にも夫がいかに極悪非道の悪人で

私がいかに被害者なのかをわかってもらうために

広報活動を続けていたようなものでした。

しかし、どうやらその思考は全部自分に跳ね返ってくるようです・・💦

その不思議な力は一人称(つまり自分)にしか反映されないというのです。

スピリチュアルなんか信じたくない私でしたが

藁にもすがりたい気持ちでしたし、

思考のコントロールを実践するしかありませんでした。

その後、自分でも驚くほど人生が好転し始めたのです。

長くなったので続きは次回書きますね。

http://anti-aiger.com/liferemake/

続きはこちら

お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

-サレ妻

Copyright© 魔法のノート★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.